私たちの栄養哲学

>Our Nutrition

  Philosophy

03_GucluBagisiklikSistemi-695x348.jpg

免疫システム強化

ペットは外の世界において、さまざまな新しい病気の脅威にさらされます。他の動物との付き合いや異物との出会いは免疫系に挑戦するだけでなく、それを教育します。ワクチンと治療薬は不可欠なサポートを提供しますが、私たちのペットの食事は、免疫の問題に抵抗して克服することを可能にする上で大きな役割を果たします。

思春期

体の免疫系がまだ発達しておらず、生まれたばかりの動物が新たな課題にさらされているため、感染と病気の最大のリスクは出生直後に発生します。

 

子犬と子猫は、妊娠中に母親から感染した抗体を介して受け継がれる基本的な免疫機能を備えて生まれます。これは、母親の母乳から摂取された免疫グロブリンによってさらにサポートされます。これにより、ウイルス、バクテリア、異物からの初期の課題に対抗することができます。

 

ただし、このサポートは短期間であり、さらなる課題に対処するために、独自の免疫システムを迅速に開発する必要があります。子犬と子猫は、この免疫ギャップの期間中に特に脆弱であり、栄養は彼らの新しい防御メカニズムを確立する上で重要な役割を果たしています。

保護バリア

体の免疫系がまだ発達しておらず、生まれたばかりの動物が新たな課題にさらされているため、感染と病気の最大のリスクは出生直後に発生します。

 

子犬と子猫は、妊娠中に母親から感染した抗体を介して受け継がれる基本的な免疫機能を備えて生まれます。これは、母親の母乳から摂取された免疫グロブリンによってさらにサポートされます。これにより、ウイルス、バクテリア、異物からの初期の課題に対抗することができます。

 

ただし、このサポートは短期間であり、さらなる課題に対処するために、独自の免疫システムを迅速に開発する必要があります。

BF-BS-01.jpg

子犬と子猫は、この免疫ギャップの期間中に特に脆弱であり、栄養は彼らの新しい防御メカニズムを確立する上で重要な役割を果たしています。

免疫反応

マクロファージと呼ばれる専門家の食細胞は、感染に対する初期応答を提供する身体の歩兵です。それらは抗原の存在に反応して活性化され、外来侵入者を攻撃して消化し、その後それらはリンパ節に輸送され、そこでBおよびTリンパ球に付着します。次に、B細胞は、身体が曝されている抗原に対する特異的抗体の産生を開始します。これらの抗体は他の免疫細胞からの反応も引き起こし、侵入した細菌を攻撃して殺します。ヘルパーT細胞は、抗体とキラーT細胞を感染領域に誘導するシグナルとして機能します。一緒に、この連鎖反応は、身体の一次(生得)および二次(適応)免疫応答を提供します。

BF-BS-02.jpg

脂肪溶解性ビタミン

炎症

この炎症反応は、主に食事から提供されるオメガ6と3脂肪酸によって制御されます。したがって、効果的な炎症反応をサポートするには、植物油と魚油を介して両方の脂肪酸を十分に食事で供給することが重要です。さもなければ、炎症を制御することができず、感染をさらに悪化させる可能性があります。

01_DeriveTuySagligi-695x348.jpg
​皮膚と被毛の健康
01_DeriveTuySagligi-695x348.jpg
02_KiloKontrolu-695x348.jpg
体重管理
03_GucluBagisiklikSistemi-695x348.jpg
免疫システム強化
04_AgizveDisSagligi-695x348.jpg
口腔ケア
05_SaglikliveGucluPatiler-695x348.jpg
足と爪の健康
06_GucluKemiklerveEklemler-695x348.jpg
強い骨と関節の形成
07_IdealVitaminAlimi-695x348.jpg
適切なビタミンバランス
08_GormeSagligi-695x348.jpg
視力の健康
09-phenomind-gorsel-695x348.png
認知能力を保つ

これら3つの脂溶性ビタミンA、D、Eは、免疫システムが正しく機能するために不可欠です。ビタミンAは食細胞の機能とTリンパ球とBリンパ球の活性化に関与しているため、身体が新しい脅威から学ぶ能力に不可欠です。また、体の最初の防御層である健康な粘膜の維持にも不可欠です。ビタミンAは通常、豊富な供給を確保するために食事に加えられますが、動物性脂肪やタンパク質などの成分にも含まれています。

 

ビタミンEは抗酸化ビタミンであり、主に細胞壁に存在し、感染の副産物の損傷から細胞を保護します。また、リンパ球の生産と機能においても重要であり、食事性ビタミンEの増加はそれらのレベルを高めることが示されています。

 

ビタミンDは、Tリンパ球とBリンパ球およびその他の免疫細胞の活動を調節し、それらの作用が適切で制御されていることを確認します。ビタミンD欠乏症は、免疫系の過活動を引き起こす可能性があります。また、マクロファージの移動と標的化、および特定の細菌と戦う能力も重要です。

水溶性ビタミン

ビタミンB6、B12、葉酸は、細胞の代謝と増殖に必須であり、食細胞などの免疫細胞の生成と活動に必要です。チアミンとビタミンB1は、体の外部バリアの維持にも重要であり、初期感染から保護するのに役立ちます。ビタミンCも重要な免疫ビタミンです。その抗酸化作用は、特に白血球内で、外来細菌を破壊するのに役立ち、欠乏症は免疫抑制と関連しています。

 

健康な犬や猫は、体内で十分なビタミンCを生成できますが、病気や回復の場合には、その合成が損なわれる可能性があり、栄養補助食品が有益な場合があります。

ミネラル

ほとんどすべてのミネラルは、体の免疫に何らかの形で貢献しています。鉄、亜鉛、セレン、銅は、遊離基の攻撃から体を保護するのに役立つ多くの抗酸化酵素の中心であるという点で特に重要です。

 

代謝の自然な副産物であるこれらの遊離基は、生殖器官、心臓、脳などの体内の敏感な器官や組織を標的とし、損傷を与えます。

酸化酵素はこれらの物質を直接中和するだけでなく、臓器や組織をさらなる攻撃から保護します。これらのミネラルは一次および二次免疫応答に影響を与える酵素の一部も形成し、それらの欠乏は免疫系の有効性を低下させる可能性があります。